会社紹介

沿革

沿革

1928年 栃木県大田原市に永森製作所を設立。
農業機械の製造を開始
1951年 拠点を埼玉県川口市に移し、
動力伝達用Vプーリーの製造を開始
1964年 株式会社に改組し、社名を錦正工業株式会社とする。
鋳造工場を川口市より大田原市に移転
1966年 本社・加工工場を川口市より
現在の栃木県那須塩原市に移転
1971年 鋳造工場を本社に移転統合する
鋳造部門に自動鋳造砂処理プラントを設置
1973年 Vプーリーの規格をKKKグリーンクラスとして標準化
鋳造部門に高速高圧自動造型機を設置
1974年 加工部門にオートローダー付無人加工ラインを設置
1977年 鋳造部門に3t 低周波誘導炉2基を設置
1990年 鋳造部門の自動造型機・注湯冷却ラインを更新・強化
2001年 鋳造部門にコールドボックス造型機を設置
社外鋳造工場向け中子造型事業を開始
2002年 加工部門にマシニングセンタ・複合型NC旋盤を増設
3次元CAD/CAMを導入・鋳造金型を内製化
Vプーリー以外でのOEM生産事業の拡大・強化
2003年 加工部門に横型MC(8パレット)を増設
2004年 鋳造部門の造型設備を増強、
フランプロセスによる生産を開始
加工部門に無人加工のガントリー付NC旋盤を増設
2008年 標準Vプーリーの追加工受注および販売体制をシステム化
新製品「コンプリートプーリー」販売開始
2010年 鋳造部門に500kg高周波炉2基を設置
鋳造CAE(湯流れ凝固解析シミュレーション)の導入
発光分光分析・金属組織画像解析の導入など、研究開発体制を強化
鋳造部門フランプロセス造型をライン化、増産対応